5400円以上お買い上げで送料無料

樹齢150年の茶

栗原製茶には樹齢150年のお茶の樹があります。創始者で初代の栗原仙蔵が、戦後、故郷の茶畑をひとつひとつ開墾した折に、持ち帰ったものです。一本のお茶がこんなにも大きくなるのです。二代目の栗原篤もこのお茶の樹を可愛がりました。「お茶の樹が可哀想かろう…」と呟いては、苔を手で取っていました。いまは二人ともこの世にいませんが、お茶の樹を愛する心は受け継がれています。今でもこの150年のお茶の樹は新芽が出ます。茶摘みをしてブレンドしたお茶は「長寿茶」として人々の心を癒しています。じいちゃん、今年の冬は寒かよ〜。 https://e-yamecha.shop-pro.jp/?mode=srh&keyword=%C4%B9%BC%F7%C3%E3

ページトップへ戻る