5400円以上お買い上げで送料無料

茶畑は自然の美術館。

今年の冬はことのほか寒い毎日です。そんな中にも、今日は久しぶりに太陽の光が射し、少しばかり春の兆しを感じました。 八女津媛神社の滴り落ちる岩清水も凍り、ご覧のような氷柱が下がっております。 雪も連日、断続的に降り、辺り一面は銀世界。現在、オリンピックが開催されている韓国ピョンチャンよりも雪が多いかも知れません(笑)。日本選手団の活躍をお祈りします。しかし驚くのは、時に自然と茶畑が見せるその芸術性です。春先の霜はお茶にとって天敵ですが、冬の霜は美しい姿を見せてくれます。まさに『茶畑は自然の美術館』です。新芽が風に揺れる風景も壮観ですが、冬の茶畑も美しさに見とれてしまいます。どうか春先は順調に温かくなりますように。

ページトップへ戻る