5400円以上お買い上げで送料無料

ゴールデンウィークが嫌いでした。

大型連休もいよいよ明日まで。みなさんいかがお過ごしですか?新茶もいよいよ主役が平坦部から山間部に移って来ています。これからが本当の勝負です。お茶農家に生まれた私は今までゴールデンウィークを体験したことがありません。昔からお茶摘み一色でした。摘んだお茶を運んだり、お茶摘みのおばちゃんたちにおやつを配ったり、茶工場に夜遅くまでお手伝いしたり…。連休明けに学校に行くと、「〇〇ちゃんは、東京に遊びに行った」とか「〇〇ちゃんは友達と遊びに行った」とか聞くのが嫌でした。だからゴールデンウィークなんてなければいいのに、と子ども心に思ってました。母に「なんでうちにはゴールデンウィークは無いと?」と聞いて困らせもしました。ある時、ゴールデンウィークが間近に迫った時でした。茶畑を大霜が襲いました。一年間、両親が手間暇かけて育てて来たお茶の葉が一瞬にして赤く焼けてしまいました。ガックリと肩を落とす両親の姿。母は泣いていたように思います。美輪明宏さんの「ヨイトマケの唄」じゃないけれど、それから、ゴールデンウィークは、お茶作る大切な時間なんだ、と思うようになりました。お手伝いするよと言いながら…。今年のゴールデンウィークも農場長の昭夫を中心に、夜遅くまで、みんなで力を合わせて頑張っています。いまは、「日本中の皆さん、ゴールデンウィークを楽しんでください!」と言えます。美味しいお茶はしっかりと私たちが作ります!連休も明日まで。皆さん良いゴールデンウィークを!

ページトップへ戻る