5400円以上お買い上げで送料無料

作ろうお茶フォーラム2004

作ろうお茶フォーラム2004


ふき重なる山々を望み、川のせせらぎが聞こえる、小さな村の小さなお茶屋、「栗原製茶」。 毎年、夏になると、この国のあちらこちらから、お茶を愛する喫茶人たちが、この山の中にやって来ます。ゆったりとした時間のなかで、田舎の生活や食事を味わい、お茶を作り、友を作り、それぞれの生活へ戻っていくのです。 さながらそれは、~自然への回帰~ともいうべき3日間。回をかさねて今年で13回目。今年も素敵な人々との出会いがありました。今度はあなたと出会えることを楽しみにしています!

やはり茶摘みからスタート。「凍頂烏龍茶の畑と同じくらいの標高かな~?」と中山淑子さん。

釜炒り茶をつくるため、熱を加え発酵を止めます。ボヤボヤしてるとこげちゃいますよ~。

楽しそうに釜炒りしている林隆盛さん。林茶荘という台湾茶専門店のオーナーです。

おやおや倉田達子さん!さすが!背中で日光萎凋とは粋ですね~。常連さんはやることが違う。

茶摘み籠で烏龍茶作りをする広瀬一燈美さんと倉田さん。茶フォーラムの主力メンバーです。

釜炒りしたあと、水分を抜きながらよく揉みます。いいお茶が出来てますよ~!

「これ玉露みたいなお茶になったな~」、「いや玉露じゃなくて・・・ご苦労ですよ~」アハハ!

毎回、地元のお母さんたちが作ってくれる郷土料理。お茶よりもこれが楽しみという人も。

抹茶席主はおなじみ堀内宗長先生(東京都)。現代喫茶人の会の専務理事さんです。

日本茶席主は仁田原寿一さん。普及センターの特産係長さんです。水出し玉露で席客を魅了されていました。

紅茶席主は吉永浩章さん。紅茶の知識もさることながら、紅茶に関する話題も豊富です。

中国茶席主は中山淑子さん。中国語を習得され、それを忘れないようにという思いから中国の文化の道へ。

日本一大きな茶碗での抹茶のお点前は圧巻でした!二人抱えで茶碗を支え、回し飲みをする席客。

優勝カップでビールを飲むのと訳が違う!堀内先生は、今秋、ヴァチカン市国にてローマ法王に献茶をされる予定です。

さあ~いよいよお待ちかねの品評会です!3日間の総決算はいかに?運命の瞬間です。

参加者全員の投票で優勝者が決定します!専門家から素人までの投票なので公平に審査が行われます。


フォーラム・ファミリーの記念撮影。みなさん、また来年会いましょう!
※写真撮影:栗原製茶    写真協力:中山淑子、倉田達子

作ったお茶の品評会

出品点数:釜緑茶14点 紅茶13点 烏龍茶5点

-美味しかったお茶の作者 結果発表!!-

釜緑茶の部 (出品総数:14点)
1位 伊東久美子様(佐賀県) 11点
2位 臼田ひろ子様(東京都) 10点
3位 村上英子様(福岡県) 9点
紅茶の部 (出品総数:13点)
1位 吉永浩章様(東京都) 8点
2位 倉田達子様(広島県) 6点
3位 森山弘信様(福岡県) 5点
3位 伊東久美子様(佐賀県) 5点
烏龍茶の部 (出品総数:5点)
1位 栗原吉平様(福岡県) 10点
1位 栗原昭夫様(福岡県) 10点
3位 倉田達子様(広島県) 8点

ページトップへ戻る